判子・印鑑とは?

 皆さんは印鑑と聞くとどのようなモノを思い浮かべますか?では判子はどうでしょうか?実はこの二つ指している意味は違いますが混同して使われる事が多いのです。では印鑑と判子この二つはどのように違うのでしょうか?

 おそらく皆さんが思っている印鑑とは銀行で口座を作るときに使ったり、何か大金を使う買い物をした時に使う棒状の印の事だと思います。実はこの棒状の印は印鑑ではなく「判子」と言う名のモノです。読んでいる方の中にはもうすでにこんがらがってきている人もいるかもしれませんが、基本的に印を押すモノを「判子」と言い、判子の印で押した形を「印鑑」と言います。この印鑑は別名「印影」とも言い稀に印章と混同する方もいるようです。「判子」と「印鑑」の見分けがつかない方はことわざの「太鼓判を捺す」と関連つけて考えると判りやすいと思います。ことわざの「太鼓判を捺す」の意味は「大きな判子を捺すほど確実な事」と言うモノで、確実な保証する場合などによく使われ、言葉中の太鼓判のの大きさは文字通り「太鼓」サイズの大きさの判子の事を意味します。つまり「太鼓ほど大きな判子を捺しても良いほど確実性が在る」と言うわけです。この意味を理解しておけば「印鑑」と「判子」の違いが判りやすくなると思います。

 最近では判子を専門に紹介や宣伝をしているサイトの中にも「判子」と「印鑑」の区別がついていない事が多かったりと近年では「印鑑」と「判子」の違いが曖昧になっています。銀行や契約時でも「印鑑」と言えば「判子」を出してくれる事からさほど気にする必要は在りませんが、知っていて損は無い知識だと思います。また先ほど少し出てきた「印影」と「印章」を軽く説明したいと思います。「印影」とは先ほども書いた通り印鑑の別名で印章の影がつい様に見えるため「印影」と言う名前になっています。また「印章」とは判子自体に彫られている印の事で、印影を捺した時を考え反転して彫られており印影を綺麗に魅せるため職人技が一番光る部分でも有ります。

印鑑とか判子とか言うと、どうしても契約やら取引やらなにやら難しいこと言われてる気になりますが、パワーストーンブレスレットなんか腕につけてるお嬢さんにもおすすめの製品が 「パワーストーン印鑑」です。文字通り、パワーストーンを材料として作られる印鑑のことなんですが、ブレスレット同様、キラキラしていてとても可愛い。そしてもちろん、パワーストーンブレスレットと同じ開運効果も備えています。・・・ちょっとは興味がわいてきましたか?

ちなみに日本にはことわざの「太鼓判を捺す」の意味どおり太鼓判が存在するのはご存知でしょうか?その判子があるのは某町なのですが、その判子の大きさはなんと直径2メートルにもなり重さも3トンと人が扱える判子のでは無くなっています。この判子の印鑑が欲しければクレーン車で判子をつるし上げ捺すと言う大掛かりな作業を行なわないといけない事から、よほどの確実な事が無い限りは滅多に使われない事でしょう。この2メートルの判子がある街は日本有数の判子の産地だそうです。どうですか皆さんも旅行がてら自分だけの特別な判子を作りに行ってはいかがでしょうか?きっと実物大の太鼓判を購入できると思いますよ!

 

注目サイト

洋服感覚で洗える着物

ヘリのラジコン

コスプレー衣装の通販専門店舗:コスプレ屋

CAPTYAER 2009 [〜判子・印鑑扱っています〜] ALL HANKO-INKAN OSEOS.SUTANP

当サイトは判子・印鑑扱っていますを中心に個人で調べて書いています。

内容に間違いがあるかも知れません

閲覧者の方には迷惑かも知れませんがメールにてご一報ください。